FX投資はやめるべき

投資の考え方

タイトルの通り、資産運用を目的としたFX投資はやめるべきだというのが私の考えです。

以前の記事でも書いたように、FX(外貨預金含む)はゼロサムゲームであり、つまり長期的に考えればリターンはゼロ。

FXは本質的に投資ではない

むしろFXや外貨預金は、ある国の通貨(一般的な日本人で考えれば日本円)をある別の国の通貨と交換することであり、冷静に考えれば投資というわけではありません。

ただ単に他の通貨と両替をしているだけです。そのため、基本的に現金を持っているだけのことで、僅かな銀行金利を除きリターンを生むような金融商品ではありません。

FXのスワップ

FXの話をする際によく言われるのは、

投資初心者
投資初心者

高金利通貨に投資すればスワップが得られるので、長期的な資産形成として向いているのでは?

ということです(スワップの説明はここで省略しますが、もし知らない方がいれば銀行金利のようなものと考えてください)。

確かに高金利通貨を持ち続けることで、ほぼ毎日スワップをもらうことはできます。

代表的なところでは、トルコリラや南アフリカランドが挙げられます。
少し前まではオーストラリアドルも高金利通貨として有名でした。

それを利用して、外貨預金や外貨建て保険商品なども未だによく売られていますね。

インフレを考慮する必要がある

ただしこれらの通貨は、驚くほどのペースでインフレが進んでおり、通貨の価値は減少し続けています。

そのため、いくらスワップをもらうことができたとしても、その分を相殺してしまうほど通貨の価値が減少しており、結局プラスのリターンとはなりづらいです。

むしろ、インフレが進み通貨の価値が減少するのを食い止めるため、その国の中央銀行が金利を引き上げている、という認識の方が正しいです。

短期売買によるビギナーズラック

投資初心者
投資初心者

私の周りにはFXで儲かったという人も結構います。

私も是非チャレンジしてみたいです。

中には「FXで儲かった」という人もいますが、それは短期的な所謂ラッキーで、長期的に考えれば確率として儲かることはほぼありません。

ちなみに私も投資初心者の頃FXに没頭していて、最初のうちは100万円ほどの利益が出て、「自分才能ある?」という典型的なビギナーズラックだった時がありました。

ただしその後、本当に絵に描いたように保有していた通貨が下落し、大損失を招いたのでした。

結果として利益が吹き飛ぶどころか、ロスカットで元々投入した金額もすべて吹き飛びました。。。そして無念のFX撤退。

この時点ではまだ気持ちの整理はついていなかったものの、やはりFXというのは再現性のない投資(投資ではないけど)であり、老後に向けた資産形成には向かない。

私は少額投資の内に損失を出したことで、今振り返ると良い勉強となりました。。。

これが50歳で初めてFXにチャレンジして大損失、となってしまったら大変ですね。。。

さいごに

もし、保有する資産の通貨を分散させる目的であったり、ゲームとして楽しみたい(それにしては危なすぎるが)ということであれば、FXをやるのも良いのかもしれません。

ただ、長期的な資産形成を目的とするのであれば、FXや外貨預金は向きませんよ、という話でした。

それではまた。

コメント