学歴フィルターについて思うこと

雑記

就職活動を中心に、「学歴フィルター」は現在でも存在すると言われます。しかしながら、世間的に学歴フィルターはネガティブなイメージが強く、企業側は実際に学歴フィルターを設けていたとしてもその事実を公開することはありません。

そんな学歴フィルターについて、個人的な考えを述べたいと思います。

なぜ学歴フィルターは存在するか

ではなぜ現在でも学歴フィルターは存在するのでしょうか。それは、採用する側にとってラクで合理性が高いから、だと思います。

特に新卒採用の場合、企業側は限られた時間・予算・採用担当者で大量の学生を見極め、予定した人数を採用しなければなりません。書類・面接・試験などを通じて選考するわけですが、すべての応募者に目を通すのは現実的ではなく、機械的に絞り込みをせざるを得ない現実があるのだと思います。また、学生であれば基本的に職務経歴はなく、経験してきたことも似たり寄ったりのケースが大半です。

そのような状況の中で、効率的に応募者の絞り込みをする手段が学歴フィルターなのだと思います。「学歴と仕事のスキルは関係ない」という意見もありますが、それは一人ひとりの応募者を厳正に選考するリソースがあればこその話で、応募者全員を見定めるのは現実的ではないと思います。大量の応募者からスクリーニングを行い、それを通過した応募者に対してのみ面接等が行う方式がとられるわけです。このスクリーニングにおいて「学歴」を使用することには、それなりの合理性があります。

まず1つ目に、やはり学歴の高い応募者は頭の良い「確率が高い」ということです。確実とは言えないものの、学歴の高い応募者の方が学歴の低い学生よりも頭が良いことが予想されます。ここで言う頭が良いとは、学習能力の高さ、語彙力の豊富さ、読解力などが該当します。これらは確実に仕事に関連してくる力であり、当然のことながらあるに越したことはありません。

そして2つ目に、学歴の高い応募者はその過程において努力を重ねてきたということです。入試を突破したのであれば長期間・長時間の学習をし、その試験を攻略した事実があります。推薦で入学した場合でも、その対象者になる過程でスキルや努力が認められたからこそ選抜されたわけです。どちらの場合にもその過程で入学するためのハードルを越えた事実があり、その裏にはハードルを越えるための努力と練習があったわけです。そしてそれは仕事においても応用される可能性が高いと考えられます。

つまり、学歴によって機械的にスクリーニングをかけることには、絶対とは言えないもののある程度の合理性があるわけです。そして、採用担当者にとっても、学歴に関しては自らもレベル感を把握しており、判断軸として活用しやすい面もあるのだと思います。

以上、学歴フィルターについて私が思うことについて述べてみました。学歴フィルターが良いか悪いかという議論はあるかと思いますが、それなりの合理性があるため現在でも活用されているのではないか、というのが私の見解です。私が採用担当者で同じ状況であれば、合理性の観点からスクリーニングに学歴フィルターを活用すると思います(学歴で最終選考するわけではなく、あくまでスクリーニング手段として)。

それではまた!

コメント